プロバイダーが運営している光回線を利用する

インターネット回線を利用するときは必ずプロバイダーを利用することになります。

今のインターネット回線はプロバイダーと一体型になっているものが主流です。
プロバイダーと一体型のインターネット回線を利用すると、契約も解約も一回で済みます。
フレッツ光にすると、インターネット回線と、プロバイダーの解約も解約も別で行わないといけないですからね。

 

解約するときにフレッツ光を解約してプロバイダーの解約を忘れるということがありがちですが、プロバイダーと一体型のインターネット光回線ならその失敗もありません。

このプロバイダーと一体型の光回線は、フレッツ光の光コラボが主流です。

フレッツ光の光コラボは、フレッツ光が様々な通信業社に光回線を卸売りしているものです。

なので回線の品質はフレッツ光とほぼ同じです。

このフレッツ光の光コラボはプロバイダーが運営してるものが多いです。

プロバイダーが運営している光コラボって?

プロバイダーが運営している光コラボは、自動的にプロバイダーが決まります。
例えば、ビッグローブ光ならプロバイダーがBIGLOBEになり、So-net光はプロバイダーがSo-netになります。

 

プロバイダーが運営している光コラボは、光コラボの業者がプロバイダーも運営しているパターンもあります。
もちろん選ぶべきは、プロバイダーが運営している光コラボです。

フレッツ光の光コラボを運営しているところがプロバイダーも運営しているようになったところは、通信速度が遅くなります。

なので、プロバイダーが運営している光コラボにするといいでしょう。

プロバイダーが運営している光コラボの種類

プロバイダーが運営している光コラボの一部を紹介します。

・BIGLOBE光
・So-net光
・OCN光
・@nifty光
・DTI光
・ぷらら光

主要プロバイダーが運営している光コラボです。

スマホとセットで割引になるところがおすすめ

プロバイダーが運営している光コラボは、スマートフォンとセットにすることで割引になるところがおすすめです。

 

docomoやSoftBankのスマートフォンでは割引になるのはこの中にありません。
docomoはドコモ光、SoftBankはSoftBank光にすることで割引になります。

auのスマートフォンはBIGLOBE光、So-net光、@nifty光にすることで割引になります。

まとめ

プロバイダーが運営しているものは主要プロバイダーが運営しているものがおすすめです。
そ中でもauのスマートフォンを利用している方は、料金とセットにすることで割引になるものがおすすめです。

>>光回線とプロバイダの違い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です